代表取締役・坂下秀雄から皆様へ

代表取締役・坂下秀雄
代表取締役・坂下秀雄

金大醤油株式会社代表取締役の坂下秀雄です。

 

日頃から皆様には大変お世話になり、誠に有難うございます。

 

トップページ「こんな会社です」でも触れましたが、弊社は1927年の創業以来、皆様のご愛顧のおかげで、長年に渡って醤油醸造業を営んでまいることができました。そして、昨年、ちょうど90周年という節目を迎えることができました。

 

この機に、弊社では皆様に次の5つのお約束をしたいと考えました。

 

 

ー 日本の伝統文化の担い手であるという自覚と誇りをもって醸(かも)します

 

ユネスコの無形文化遺産に登録された和食。その和食に欠かせない存在である醤油を製造するということは、単に食品製造に止まらない意義を持っていると考えます。日本の、そして世界の伝統文化の継承と発展に携わる者としての責務を自覚します。

 

ー 小豆島の佃煮、素麺、醤油製造業が発展するようお手伝いします。

 

瀬戸内海の小島に過ぎない小豆島ですが、そこには溢れんばかりの食文化があります。その中でも、弊社が長くお付き合い頂いている、三つの業界の今後の発展をお手伝いすることは大変重要な使命と考えます。

 

ー だし醤油の美味しさ日本一を目指します。

 

これまでにも大変ご好評いただいている弊社の「だし醤油」です。味には自信を持っておりますが、さらに上の美味しさを目指して研鑽を積んで参りたいと考えています。

 

ー 法令の遵守と高い倫理観をもって企業活動を行います。

 

法令遵守は勿論のこと、さらに高い倫理観をもって、日頃の業務に取り組むことを誓います。如何なる誤魔化しも生まれることのないよう留意し、誠実で真面目な企業姿勢を貫くことが最も重要であると考えます。

 

ー お得意様、お取引先、社員等の満足を通して社会に貢献します。

 

たいへん小さな企業ではありますが、お付き合いいただいている皆様に満足していただくことを通して、企業規模に応じた社会貢献ができると考えています。

 

 

 

皆様、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

                                     金大醤油株式会社

代表取締役社長 坂下秀雄