会社沿革

昭和02年(1927) 坂下重太郎により創業。「金大醤油醸造元」として事業を行う。
昭和11年(1936) 重太郎が死去。重太郎の二男、強(二代目)を後継者とし、以後、諸味の桶売りを主として事業を継続。
昭和25年(1950)

4月、重太郎の三男、秀雄(三代目)が事業を引き継ぐ。

昭和28年(1953) いち早く佃煮用の醤油の生産を開始。好評を博す。
昭和32年(1957) 4月1日、会社設立。以後、「金大醤油株式会社」となる。
昭和48年(1973) 第10回香川県農産加工振興共進会において、「こいくち醤油」が農林大臣賞を受賞。
昭和59年(1984) 第7回香川県食品加工品評会において、「こいくち醤油」が農林大臣賞を受賞。
昭和60年(1985) キンダイ製麺株式会社(資本金1000万円、代表取締役 今村正人)を設立。小豆島の名産である手延べ素麺の生産を開始する。
平成元年(1989) 第16回全国醤油品評会において、「こいくち醤油」が農林大臣賞を受賞。
平成07年(1995) 「だし醤油」の生産を開始。キンダイ製麺(株)が販売を行う。
平成21年(2009)

秀雄の長男、哲也(四代目の予定)が取締役に就任。

平成24年(2012)

第40回全国醤油品評会において、「うすくち醤油」が食料産業局長賞を受賞。

平成29年

(2017)

創業90周年を迎える。

 

1964年頃の三代目代表・秀雄
1964年頃の三代目代表・秀雄